むちうちなら立石駅前整骨院

腱鞘炎について

Share on Facebook


腱鞘炎とは、腱と腱鞘(けんしょう)の
間に起こった炎症の事です。

普段、腱は腱鞘という
トンネルのようなものの中を通っていて、
手指の屈曲の際には滑らかに動くことが出来ます。

その部分に何らかの炎症が起こることによって
腱の動きが悪くなり、摩擦が生じ、
痛みとして症状が出てしまいます。

炎症が起こる原因としては
手指の使いすぎ」が挙げられます。

手や指を使う職業関係に就いてる方は
もちろん症状として起こりやすいですし、
家事・介護・子供の抱っこ等でも発症の可能性があります。

初期症状

・指や手首の使用中の不快感
・瞬間的に痛みが生じるが次の瞬間には痛みは消えている
・痛い場所はあるが具体的にどこが痛いのか分からない

また女性の場合、
ホルモンバランスが変化しやすい更年期
出産の時期にも症状が出やすく、注意が必要です。

使いすぎによるものなので、何かの作業を
長時間・長期間する場合は定期的な休みを取り、
腱と腱鞘への負荷を取り除く必要があります。

腱鞘炎にならない様サポーターを付けたり、
テーピングを巻くだけでも負担は軽減出来ます。

腱鞘炎は症状が重くならないうちに対処しましょう。

 
立石駅前整骨院
東京都葛飾区立石4-26-12
TEL:03-3695-3069

 

[ 2015年12月24日 ]

立石駅前整骨院のご案内

【住所〒124-0012 東京都葛飾区立石4-26-12 【電話】TEL:03-3695-3069

立石駅前整骨院景観
受付時間(日曜定休) 土・祝
9:00 ~ 12:00 8:00 ~12:30
15:00 ~ 21:00 15:00 ~ 17:00
当院までの地図

京成線 京成立石駅 出口より徒歩1分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

亀有、小菅、堀切など広く地域の方にお越しいただいております。

○ 京成線「立石駅」から 立石駅前整骨院までの道のりです。

京成「立石駅」→ 1分
こちらが京成立石改札口です
1.こちらが京成立石改札口です
改札から見て左側の出口になります
2.改札から見て左側の出口です
こちらの北口の出口になります
3.こちらの北口の出口です
階段を下りると右側に踏み切りと左側に商店街入口があります
4.階段を下りると右側に踏み切りと左側に商店街入口があります
こちらの立石駅前通りを進むと
5.こちらの立石駅前通りを進むと
すぐ左側に院があります
6.すぐ左側に院があります
このような外見の院です
7.このような外見の院です
お気軽にお問い合わせください
  • 葛飾区の京成立石駅から徒歩1分、03-3695-3069
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する